topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィック・リム アクションフィギュア シリーズ2 - 2013.10.25 Fri

ネカ社が展開しているパシフィック・リムのアクションフィギュア。
そのシリーズ2をゲットしたぞ!
というわけで今回はそれについての話題です。


ちなみに、シリーズ1については過去の記事、ジプシー・デンジャー編および怪獣編を参照してください。
クリムゾンタイフーン……?し、知らん。




ネカ 7インチアクションフィギュア
ジプシー・デンジャー(バトルダメージ版)

シリーズ1に引き続きジプシー・デンジャー。
またか!またお前なのか!

バトルダメージ版という名前から、左腕とかぶっ飛んだ状態の満身創痍ジプシー・デンジャーでも売るのかと思っていたら、ただ単にウェザリング(汚し)塗装されていただけでしたとさ。


時代を感じるウェザリング塗装です。
「ハゲチョロ塗装」なんて言葉を聞いたのは何年ぶりだ。
雰囲気はあるけど近くに寄って見るとさすがに汚く見えるぞ!


通常版ジプシー・デンジャーとの比較。地獄兄弟かな?
汚し塗装が施された以外は通常版とほぼ同じです。もちろん可動範囲も据え置き!
というか、首周りが硬くなってたり、右腕が肩口からポロっともげたり、足首のボールジョイントにでかいバリのようなもの(湯口?)がついてたり(しかも両足とも)、右の股関節がうまくはまってなかったり、むしろ通常版より酷くなってないですか!ダメージ版ってそういう意味なんですか!多分個体差だと思うんですけど!

しかしシリーズ2でもマイナーチェンジ版のジプシー・デンジャーを入れてくるとは……どうにも数合わせ感が……。


いいやッ!ただの数合わせなんかじゃねえ!
今回のジプシー・デンジャーにはチェーンソードがついてるんだ!
正直通常版の時点でつけといてほしかったのは公然の秘密だ!


チェーンソードは通常版ジプシー・デンジャーにも流用可能。
とはいえ、僕の持ってる通常版にはなぜか右手にしか装着用の凹穴がなく、二刀流にすることは不可能。かなしい。


例によってアオリの構図で〆。
バトルダメージ版と言ってはいるものの、実際はウェザリング塗装によって劇中のイメージに近づいた&チェーンソード付属ということで、「7インチアクションフィギュア ジプシー・デンジャー完全版」という印象でした。


次はこちら。


ネカ 7インチアクションフィギュア
ストライカー・エウレカ

すいません開封してないです。
ブリスターをキレイに開けるのが面倒なんです!お許しください!


さて、次は怪獣に行きましょう。


ネカ 7インチアクションフィギュア
レザーバック

劇中最大の見せ場となった香港での戦いで、オオタチと共にジプシー・デンジャーと戦ったゴリラ型怪獣。
明らかに脳筋体型なのに、そのくせ電磁波を放出してストライカー・エウレカの機能をダウンさせるなど小細工も弄する強敵だぞ!
全身を包む幾何学模様の発光器官から、新手の地縛神のようにも見えますね!見えませんか!そうですか!


背面。
「レザーバック」とはオサガメを意味する単語だそうですが、実際甲羅みたいにゴツゴツしてます。
中心の突き出た部分が電磁波発生器官かな。


顔アップ。
意外と可愛い顔してるじゃねーか……。
つぶらな瞳とアヒル口で強烈にアピールかぁ!?
愛され体質のモテカワゴリラかぁ!!?

ところでこのレザーバック、第一印象が「とにかくデカい」。
デカいし、重い。


脅威のブリスターサイズ!


他と比べるとこんな感じ。
ジプシー・デンジャーのブリスターの倍の厚みを誇るナイフヘッド、さらにその倍の横幅を誇るレザーバックといった感じです。


ジプシー・デンジャーと並べてもまったく引けをとらないサイズ!
かなり控えめなサイズだったナイフヘッドの反省からか、今回は凄まじいボリュームで攻めてきました。大満足。


前傾姿勢ですでにジプシー・デンジャーと同等の背丈なので、直立すると完全にレザーバックが上回ります。
ただ、後ろ足は貧弱なよちよちあんよなので支え無しでは自立不可能。


ナイフヘッドと並べてみましょう。
前から見るとそれほどボリュームに差が無いようにも見えますが……


上から見下ろすとその差は歴然。
ナイフヘッドが一気に小さく見えてきます。
サイズのインフレか!ジャンプ漫画か!


横から見た図。
こうしてみると頭の位置が全然違うことがわかります。
設定上はナイフヘッドのほうが大きいのに……。


プロレスだ!


肩、肘、手首が可動します。
しかし肩間接の可動が相変わらず前後のスイングだけしかできないので、あまり動きに表情はつけられません。


手を振り上げるくらいしかポーズがとれません。
あと肘の関節がかなりユルくて困ります。


わが生涯に一片の悔いなし!!


なんと指は4本すべてが可動!
しかしパッと開けるわけでもグッと握れるわけでもないという微妙な可動範囲。


とりあえず指の可動を活かして肩揉みをしてみました。


せっかくだから大乱闘させてみたぞ。
がんばれジプシー・デンジャー兄弟!わるい怪獣をやっつけろ!
んんん~!これは方向性を間違えている気がするぞ!


例によって例のごとくアオリの構図。
なんだかジャングルの奥地に祀られている御神体みたいになってしまいました。


相変わらずゴツい造りとざっくばらんな可動範囲がブイブイいわしてるこのシリーズですが、なんかもうすでにシリーズ3が発売されることが決まってるとか何とか。
シリーズ3のラインナップはイェーガー枠がコヨーテ・タンゴとチェルノ・アルファ(ついに来たで!)、怪獣枠がアックスヘッドだそうです。
アックスヘッドはナイフヘッドと同系列の怪獣ですが、試作品を見る限りだとナイフヘッドでは無可動だった副腕も可動してくれそう。しかしここでアックスヘッドとは……。

オオタチは出ないんでしょうか!
あと個人的にオニババもお願いします!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vinyllab.blog23.fc2.com/tb.php/493-f2317352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4コマ&劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語感想 «  | BLOG TOP |  » パシフィック・リム 4DX感想

プロフィール

けん

Author:けん

リンク

最新記事

月別アーカイブ

twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。